FC2ブログ
2017/07/03

特大80ケージ到着!

晩秋から初春に向けての、若鳥の避難場として大型ケージを設置しました!
幅83・高さ80・奥行き50サイズで十分な広さです!(^^)!
秋までに生まれた若鳥達を屋内で管理するケージです!
2段重ねにしました^^
80ケージ

今は暖かい時期なので、若鳥たちは屋外ケージですが
とりあえず上段には、秋から産卵を控えさせた
コキンチョウの種鳥達を待機させてます!(^^)!
コキン80ケージ

下段には、今季からスタートのアゲイト系統が待機(^_-)
ブンチョウ80ケージ

本日もアゲイトの先輩宅へお邪魔し、情報を得ました・・・
殆どのペアが、♂がアゲイト、♀は同じ形から出た
クリームやシルバー、シナモン等を使ってます。
産まれたアゲイトは高確率で♂が多いらしいです・・・

ここでは、アゲイト以外の文鳥を全てノーマルと表現すると
もし伴性遺伝(性染色体劣性遺伝)だとすると
aa×n0=an(50%)・a0(50%)=アゲイトSP(♂)50%・アゲイト(♀)50%で
産まれたアゲイトは全て♀のはずですから、伴性遺伝ではない?????

では常染色体劣性遺伝(雌雄に関係なく、1個の遺伝子では通常表現でSPとなり
2個の遺伝子が揃って初めて劣性型の表現が出る)
だとすると
aa×Aa=Aa(50%)・ aa(50%)
=アゲイトSP(表現はアゲイト以外で♂♀関係無し)50%
・アゲイト(♂♀関係無し)50% となります。
雌雄は環境の確立と考えると、♂が多いのは通常ですので
♀ももちろん出てる訳ですから
もしかしたらアゲイトは、サクラのフォーンなどと同じ遺伝の
常染色体劣性遺伝????
ブンチョウは多彩な色変わりもいて、その絡みで遺伝も複雑なのかも知れませんので
自分で繁殖してみて確認するしかないですかねぇ~(-.-)
2017年秋は
●アゲイト×クリーム(アゲイトSP??)
●アゲイト×ライトシルバー(アゲイトSP??)
●シナモン(アゲイトSP)×ダークシルバー(アゲイトSP??)
でやってみます^^
アゲイトは胸のラインがくっきり分かれるのが特徴の一つですが
大先輩も、この腹部の部分をホワイトに近付けたいと言ってました!
僕にはまだ遠過ぎる課題ですが(^_-)




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント