2017/06/28

何と・・・文鳥(@_@;)???

ブンチョウは、小中学生の頃・・・
手乗りに育てようと頑張って増やしたサクラブンチョウ
庭で散歩・・・野良猫に持って行かれた辛い事件が(ToT)/~~~
鳥飼を再開した現在も
『文鳥はいいや・・・』って眼中にもなかった・・・
ところが我が家に何故かいる(@_@;)
アゲイト1
当時は、並ブンチョウに桜ブンチョウ、白ブンチョウ位かな??
でも30数年経った現在は・・・
シルバー、シナモン、クリームなどなど凄い色変わりの種類(@_@;)

先月伺ったブリーダーさん宅の禽舎で
名前は聞いた事があったけど、見た事が無かった文鳥が!
一見ノーマル(並)っぽいが、頭部と尾羽の黒い部分が茶褐色
ぼんやりとパステルっぽい色合いで、胸のラインは明らかにはっきり分かれてる。
そして眼球は暗赤色・・・瑪瑙(メノウ)=アゲイト
そう、国内でもほとんど流通してなく、飼育者も少ない文鳥
アゲイトブンチョウを始めて見ました!(^^)!
珍しいってだけで、もう火が付きました・・・
『飼ってみるね?』『飼ってみようかな?』って会話から
先日『準備出来たよぉ~!』ってお電話から
休みになった本日の時間の合間に、早速(^。^)y-.。o○
おびただしい数のアゲイト&アゲイトSP達・・・
経験値からアゲイト×アゲイトは、子育てがうまく行かないケースが多いと・・・
と言う事で、アゲイト×クリーム、アゲイト×ライトシルバーと言う組み合わせで^^
アゲイト2
アゲイト、雛の頃は真っ赤な目のようで、親で暗赤色・・・
いわゆるアルビノ、イノの遺伝同様、伴性遺伝と考えていいのでしょうか?
流通量が少ないため、文献にもアゲイト遺伝子しか書かれてなく・・・
伴性遺伝で当たり前なら、アゲイト以外の♀はノーマルと考えてよく
スプリットの♂は存在します。
今回のケースは、アゲイト×ノーマルの組み合わせなので
産まれた♂は全てアゲイトSP、♀は全てアゲイトで産まれるはず。
・・・でいいんでしょうか?ここまでは詳しく聞かなかったので・・・
でもアゲイト主力に、色変わりを合わせれば
色んな文鳥も楽しめそうですし^^
繁殖に成功されてる、秘策の巣も教えて頂いたし
秋は楽しみが増えました(^。^)y-.。o○


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント