2017/06/27

コキンチョウ再復活!(^^)!

35年振りに鳥飼にハマったのは、コキンチョウとの再会がきっかけ・・・
子供の頃高嶺の花で手が出せなかった小鳥(@_@;)
今なら飼えると鳥飼にスタートしたのが2年少し前^^
数ペアから始め、一気に雛が採れ、こりゃ簡単だとその気になって
ふいんち四季鳥の名刺もコキンで飾り・・・
年明けて、気付いて見れば若鳥はほとんど残って無く(ToT)/~~~
病気でも何でもなく、少しずつ少しずつ減って行く
原因はわかってました・・・気温差、温度変化に耐えられないんです・・・
それなりの環境で順応して来たコキンチョウなら、順応して行けるのでしょうが
殆どのコキンチョウは室内飼育で、温度管理されてるか
温度管理しなくても、屋外の気温差の少ない環境で飼育してます。
そうでなくても、弱いイメージのコキンチョウ・・・
我が家の屋外環境では、ビニール貼って多少の暖房しても
ちょっとした油断で一気に室温は変わり、他の鳥さえ弱ってしまいます
こんな環境で、幾ら綺麗なコキンを仕入れても
調子がいいのは、夏から秋の繁殖期までで
間違いなく増えてはくれません・・・

でも・・・再開します!(^^)!
7月に入ってから温室を増築します!
600×450ケージを10数ケージ
300×300ケージを10数ケージ
若鳥用追い込みケージも設置の予定で^^
オイルヒーターを設置し、これなら温度差は格段に解消されるでしょう!
コキンチョウ他の繁殖にも使います。
今コキン達は、室内で安全に繁殖期を待ってます^^
2017年1
何ペアから再スタート出来るかわかりませんが
目指すコキンも絞って行きます^^
2017年2
特にコキンに限っては、8月から12月頃と限定しますし
真冬から真夏までは休ませ、ケージは他にバトンタッチ(*^^)v
2017年3
もちろん最終は自育主体でやりますが
さえ今シーズン何羽採れるでしょうか???
また、何割残せるのでしょうか???
これまでとは変わると思いますが(^_-)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント