2017/05/11

先日の自育サクラの記事の続きですが・・・

いやぁ~本当にこの光景はほのぼのですぅ~(*^。^*)
広い禽舎で放し飼いしないと味わえない光景です!
少しは自然に近付けてはいるんですが
自然の中ではこんな風に子育てしてるんでしょうねぇ~!(^^)!
皿籠大活躍!!
サクラ雛顔出し2

親が近付くと大きく口を開けて餌をねだります( ^)o(^ )
雛がどこに居ても、敵を追っ払って守ってます!
雛がどこに居ても餌を運びます!
どのフィンチも、自育するペアは皆そうです(^。^)y-.。o○
サクラ雛顔出し1
自然により近く
小さな金籠や庭箱では味わえない光景・・・
ニア、ナチュラル!!ですが
この環境を拝めるだけで幸せです(^_-)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

満喫してますね‼︎
うちはダイヤや鹿の子や
十姉妹に育雛を頼んでます
本来はやはり親が育てるのがいちばんですよね
でも小さいカゴでは、これがいちばん現実的で…
この記事の環境がほんとうに羨ましいです‼︎
なかなか自分ではできないのでこうして記事にしてくださってありがとうございます😊
これからも更新楽しみにしてます

ありがとうございます!

よねばしさん
コメントありがとうございます!
本来小鳥も大きく羽ばたいて飛び回りたいはずです!そして与えられたら巣ではなく、自分の好きなときに好きな場所に営巣させる・・・こんな環境が、鳥飼い再開するときの理想でした(^0^;)
とは言え、仮母のキンカや十姉妹のようにブロイラー飼い状態になってるのも現実です(´`:)人間の都合ですが、少しでもこんな環境で楽しめる人が増えたらいいですね!