2017/10/29

今季最初の巣立ちコキン!(^^)!

今季で最初の巣立ちのコキンチョウは
♂ノーマル(ブルーSP)×♀ノーマル(ブルーSP)ペアの雛達^^
まずは3羽が出て来ましたが、前年ブルーが見当たらないよう(^_-)
D自育1
手作りの巣箱からの巣立ちは、一際嬉しいですね!
丸い穴からも覗いて遊んでくれてます!
D自育2
この調子で2回目・・・今度はせっかくだからブルーを1羽くらい(^_-)
スポンサーサイト
2017/10/22

8月末からスタートしたコキンチョウ!

環境のせいにする訳ではないが、デリケートなコキンは温度変化に敏感(-.-)
屋外飼育の我が家は、安定した気温の時はいいが
そうで無い時が不安・・・せっかく巣立った雛もバタバタと体調を崩したり・・・
そんな訳で立ち上げた、温室(^_^)/
8月末から再スタートしたコキンは、順調に自育中です!

前回の投稿で紹介したこのペア・・・
自作の巣箱にバタバタと巣造りを始め、一気に産卵!(^^)!
交互に抱卵を始め、よしよしと思ってた矢先・・・何と♂が原因不明で落鳥(ToT)/~~~
A前回
1羽では無理と卵を取り上げ、孵卵器へ・・・
しっかり5個が有精卵だったので、現在は十姉妹がしっかり預かってます!(^^)!

一人になったシルバーの♀に
黄顔・柴胸の♂をあてがいましたが、旦那を亡くしたショックからか
シルバーの♀はなかなか受け入れない((+_+))
A現在1
2週間ほど様子を見ていると、♀が再び巣箱を気にし始め
♂も巣草を咥えてアピールしている^^
A現在2
そっと巣箱の穴から覗くと、いつの間にか巣草が運ばれている。
もしやと・・・内視鏡を差し込むと・・・無事産卵がスタートしてました(^_^)/
A現在3
このシルバーの♀は短期間の間に、夫違いの子を産んでくれました!
環境は出来てますので、もちろん自育方向で・・・
新しくイメージした巣箱・・・中身を変えてるだけでブンチョウと同じもの・・・
落ち着ける巣箱で効果バッチリです(^。^)y-.。o○
今シーズン再開のコキンは、現在自育中が3ペア
やむなく仮母で育ってる雛が7~8羽いますので
コキン苦手でしょ?って言われた自分も
環境さえ整えればって所を証明出来そうです(^_-)(^_-)
2017/09/20

新禽舎でコキンチョウ達も!(^^)!

アゲイトに続き、コキンチョウ達もスタートしてます^^
今季は5ペアでスタートしたコキンチョウ!
うち2ペアが抱卵中で、残りは巣作り中と無反応(ー_ー)!!
我が家のコキンも手作り巣箱で行います!

ここは♂イエロー×♀シルバー・・・共に藤胸です。
♂が抱卵中ですね^^
果たして初産卵から、子育てしてくれるんでしょうか????
コキン産卵開始1

こちらは♂ノーマル(ブルーSP)藤胸×♀ノーマル(ブルーSP)白胸です!
♀が抱卵中かな???
コキン産卵開始2
こちらのブルーSP♀は、つい先日鳥飼先輩から譲って頂いたばかりの個体(@_@;)
即♂と意気投合して産卵ですから、本当にラッキーです^^
成功すればブルーが何羽か採れるかな???
でもノーマルが大好き何です(^_-)
残りの3ペアも近いうちにって思ってます!!
2017/09/07

鳥飼先輩から新しい仲間を!(^^)!

本日、鳥飼先輩からたくさんの仲間が届きました!(^^)!
コキン(ブルーSP、赤目)、キンセイチョウ(イノ)、キンカチョウ(オレンジ♀)などなど(^。^)y-.。o○
秋のブリードに向けて準備万端です(^_-)
中井1

これで我が家のコキンはとりあえず5ペアでスタート!!
2017コキン3
もう既に2組が巣造りを始めましたが
自作の巣箱で巣造りの為に出入りしてくれるって嬉しいですね!(^^)!
2017コキン
このペアは既にかなりの巣草を運んでました!
やはり繁殖は巣造りをしっかりさせてやるべきだと思いますね(^_-)
今季からはあえて巣箱にし、中はつぼ巣^^
落ち着くように設計しましたが、全て自育でうまく行くといいのですが・・・

2017/06/27

コキンチョウ再復活!(^^)!

35年振りに鳥飼にハマったのは、コキンチョウとの再会がきっかけ・・・
子供の頃高嶺の花で手が出せなかった小鳥(@_@;)
今なら飼えると鳥飼にスタートしたのが2年少し前^^
数ペアから始め、一気に雛が採れ、こりゃ簡単だとその気になって
ふいんち四季鳥の名刺もコキンで飾り・・・
年明けて、気付いて見れば若鳥はほとんど残って無く(ToT)/~~~
病気でも何でもなく、少しずつ少しずつ減って行く
原因はわかってました・・・気温差、温度変化に耐えられないんです・・・
それなりの環境で順応して来たコキンチョウなら、順応して行けるのでしょうが
殆どのコキンチョウは室内飼育で、温度管理されてるか
温度管理しなくても、屋外の気温差の少ない環境で飼育してます。
そうでなくても、弱いイメージのコキンチョウ・・・
我が家の屋外環境では、ビニール貼って多少の暖房しても
ちょっとした油断で一気に室温は変わり、他の鳥さえ弱ってしまいます
こんな環境で、幾ら綺麗なコキンを仕入れても
調子がいいのは、夏から秋の繁殖期までで
間違いなく増えてはくれません・・・

でも・・・再開します!(^^)!
7月に入ってから温室を増築します!
600×450ケージを10数ケージ
300×300ケージを10数ケージ
若鳥用追い込みケージも設置の予定で^^
オイルヒーターを設置し、これなら温度差は格段に解消されるでしょう!
コキンチョウ他の繁殖にも使います。
今コキン達は、室内で安全に繁殖期を待ってます^^
2017年1
何ペアから再スタート出来るかわかりませんが
目指すコキンも絞って行きます^^
2017年2
特にコキンに限っては、8月から12月頃と限定しますし
真冬から真夏までは休ませ、ケージは他にバトンタッチ(*^^)v
2017年3
もちろん最終は自育主体でやりますが
さえ今シーズン何羽採れるでしょうか???
また、何割残せるのでしょうか???
これまでとは変わると思いますが(^_-)